この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

めい想の効果を、科学的な研究から見てみます!

Amazonで配送料金が無料!
Amazonの配送料が無料!

こんにちは、皆さん!今日は、めい想の効果について科学的にお話ししたいと思います。

めい想とは、心を静めて自分の呼吸や感覚に集中することです。

めい想は、仏教やヒンドゥー教などの宗教的な習慣として古くから行われてきました。

近年では、ストレスや不安を減らしたり、集中力や幸福感を高めたりするために、多くの人が実践しています。

では、めい想はどのようにして私たちの心と体に良い影響を与えるのでしょうか?科学的な研究から見てみましょう!

脳に良い

まず、めい想は脳に良い影響を与えます。めい想をすると、脳の前頭前野という部分が活性化します。

この部分は、自己制御や意思決定などの高次の認知機能に関係しています。

つまり、めい想をすると、自分の感情や衝動をコントロールしたり、より良い選択をしたりする能力が向上するということです。

また、めい想は脳の灰白質という部分の密度を増やします。

灰白質は、神経細胞の細胞体が集まった部分で、記憶や学習などの機能に関係しています。

つまり、めい想をすると、脳が若々しく健康に保たれるということです。

心に良い

次に、めい想は心に良い影響を与えます。めい想をすると、ストレスホルモンであるコルチゾールの分泌が抑制されます。

コルチゾールは短期的には、例えば、不安やうつ病や睡眠障害などの心理的な問題や、免疫力の低下や高血圧や糖尿病などの身体的な問題を引き起こす可能性があります。

つまり、めい想をすると、ストレスによる悪循環から抜け出すことができるということです。

また、めい想は幸福ホルモンであるセロトニンやドーパミンの分泌を促進します。これらのホルモンは、気分やモチベーションや快楽などに関係しています。

つまり、めい想をすると、よりポジティブで満足した気持ちになることができるということです。

身体に良い

最後に、めい想は体に良い影響を与えます。

めい想をすると、呼吸が深くなります。深呼吸は、酸素の摂取量を増やし、二酸化炭素の排出量を減らします。

これは、血液の循環や代謝や免疫力などに良い影響を与えます。つまり、めい想をすると、体の機能が正常に働くことができるということです。

また、めい想は筋肉の緊張を緩和します。筋肉が緊張すると、痛みやこりや炎症などを引き起こします。

これは、関節や骨や神経などにも悪影響を及ぼします。つまり、めい想をすると、体の痛みや不快感を軽減することができるということです。

まとめ

以上のように、めい想は科学的にも多くの効果があることが分かっています。

めい想は、誰でもどこでも簡単にできることが利点です。毎日数分から始めてみましょう!

めい想の効果を自分で感じてみてください!

タイトルとURLをコピーしました