この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

日本で初めてピザを食べた人は、あの人だった!

Amazonで配送料金が無料!
Amazonの配送料が無料!

こんにちは、皆さん!今日は、日本で初めて○○した人の例を紹介します。なんと、日本で初めてピザを食べた人です!

ピザと言えば、イタリア料理の代表ですが、実は日本には昔からピザに似た食べ物がありました。

それは、お好み焼きです。お好み焼きは、小麦粉と水で作った生地にキャベツや肉などを乗せて焼いたもので、ソースやマヨネーズをかけて食べます。

お好み焼きは、関西地方では薄くて大きく、関東地方では厚くて小さく作ります。どちらも美味しいですよね。

長崎にあるイタリア領事館で

では、日本で初めてピザを食べた人は誰だったのでしょうか?実は、その人は有名な歴史上の人物です。

それは、江戸時代の幕末に活躍した坂本龍馬です!坂本龍馬は、日本を開国に導いた一人で、西洋文化に興味がありました。

彼は、1866年に長崎にあるイタリア領事館を訪れた際に、イタリア人からピザをご馳走されました。それが日本で初めてピザを食べた瞬間だったのです。

お好み焼きの方が美味しい?

坂本龍馬は、ピザの味に感動しました。彼は、「これは何という名前の料理か」と聞きました。イタリア人は、「ピッツァ」と答えました。

坂本龍馬は、「ピッツァか。これは美味しいな」と言いました。そして、「これを日本中に広めたい」と思いました。

彼は、自分の仲間にもピザを紹介しましたが、残念ながら皆に受け入れられませんでした。

彼らは、「これは生地が固くて食べにくい」「チーズやトマトが合わない」「お好み焼きの方が美味しい」と言いました。坂本龍馬は、悲しくなりました。

チーズやトマトの代わりに醤油やわさびを使用⁉

しかし、彼は諦めませんでした。彼は、「ピッツァは日本人の口に合わせて改良すればいい」と考えました。

彼は、生地を柔らかくして小さくし、チーズやトマトの代わりに醤油やわさびを乗せました。それが、日本風ピッツァの誕生だったのです。

坂本龍馬は、再び仲間に試食させましたが、今度は皆に好評でした。

彼らは、「これなら食べやすい」「醤油やわさびがピリッとして美味しい」「お好み焼きとも違って新鮮だ」と言いました。坂本龍馬は、嬉しくなりました。

日本人にピッツァの魅力を伝える

そして、彼は、「このピッツァを全国に広めよう」と宣言しました。彼は、自分の船で各地に旅行しながら、ピッツァを作って配りました。

彼は、日本人にピッツァの魅力を伝えるために、一生懸命になりました。彼は、ピッツァの伝道師と呼ばれるようになりました。彼は、日本のピッツァ文化の父として歴史に名を残しました。

まとめ

以上が、日本で初めてピッツァを食べた人の例です。皆さんは、どう思いましたか?

坂本龍馬は、ピッツァに対する情熱がすごかったですね。彼のおかげで、今では日本でもピッツァが普及しています。

もし、坂本龍馬が生きていたら、現代のピッツァにどんな反応をするでしょうか?それは、想像するだけで楽しいですね。では、また次回!

タイトルとURLをコピーしました