この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

レオナルドダヴィンチの生涯(ルネサンス期の大天才)

Amazonで配送料金が無料!
Amazonの配送料が無料!

こんにちは、皆さん。今日は、私が尊敬する人物の一人であるルネサンス期のレオナルドダヴィンチについてお話ししたいと思います。

レオナルドダヴィンチと言えば、科学者であり発明家で、絵画や彫刻、建築や工学、解剖学や数学など、様々な分野で傑出した業績を残したルネサンス期の大天才です。

彼は、その才能と好奇心で、人類の知識と文化に多大な貢献をしました。

彼はどんな人物だったのでしょうか?どんな作品を残したのでしょうか?

そして、なぜ彼は今でも世界中の人々に愛されているのでしょうか?それでは、一緒に彼の生涯を追ってみましょう!

庶子として育てられ正式な教育を受けることができなかったダ・ヴィンチ

レオナルド・ダヴィンチは、1452年4月15日にイタリアのトスカーナ地方のヴィンチという村で生まれました。

彼は父親が裕福な弁護士であったものの、母親が父親の使用人であったために、正式な結婚はされずに庶子として育てられました。

そのため、彼は正式な教育を受けることができませんでしたが、幼い頃から絵を描くことや自然を観察することが大好きでした。

彼は14歳の時にフィレンツェに移り、有名な画家ヴェロッキオの工房に入りました。そこで彼は絵画だけでなく、彫刻や建築や工学など様々な技術を学びました。

彼はすぐにヴェロッキオの右腕として活躍し、自分の作品も制作するようになりました。

絵画や壁画や肖像画を多く描く

レオナルド・ダヴィンチは、20代から30代にかけてフィレンツェやミラノやローマなどイタリア各地で活動しました。

彼は多くの依頼を受けて絵画や壁画や肖像画を描きましたが、その中でも最も有名な作品は「最後の晩餐」と「モナ・リザ」です。

「最後の晩餐」は、イエス・キリストと十二使徒が最後の食事をする場面を描いた壁画で、彼らの表情や仕草や関係性を見事に表現しています。

「モナ・リザ」は、フランス王妃の侍女だったと言われる女性の肖像画で、彼女の微笑みや目つきや背景が謎めいています。

これらの作品は今でも世界中の人々を魅了しており、多くの解釈や研究が行われています。

未来的な発明品を考案・自分の好奇心を満たすことに情熱を注ぐ

レオナルド・ダヴィンチは、絵画だけでなく科学や発明にも興味を持っていました。

彼は自然現象や人体や動物や植物など様々なものを詳細に観察し、スケッチブックに記録しました。

彼はまた、飛行機やヘリコプターや潜水艦や自動車など未来的な発明品を考案しました。

しかし、彼はこれらの発明品を実際に作ることはほとんどありませんでしたし、彼のスケッチブックも彼の死後に発見されるまで世に知られることはありませんでした。

彼は自分の知識や発見を人々に伝えることよりも、自分の好奇心を満たすことに情熱を注いでいました。

王から多くの敬意と愛情を受ける

レオナルド・ダヴィンチは、1516年にフランス王フランソワ1世の招きでフランスに移りました。

彼は王の宮廷画家として暮らし、王から多くの敬意と愛情を受けました。彼は1519年5月2日に67歳で亡くなりましたが、その時も王の腕の中だったと言われています。

彼は自分の遺言で自分の作品やスケッチブックを弟子や友人に分け与えましたが、その中には未完成の作品も多くありました。

彼は自分の人生や仕事に満足していたのでしょうか?それとも、もっとやりたいことや表現したいことがあったのでしょうか?彼の心の中は、彼の作品同様にに包まれています。

彼の業績は無限の好奇心と探究心と想像力の結果です

レオナルド・ダヴィンチは、人類史上最も多才で創造的な人物の一人として称賛されています。

彼は絵画や科学や発明など様々な分野で革新的な業績を残しましたが、それらは彼の無限の好奇心と探究心と想像力の結果です。

彼は自分の時代を超えて未来を見つめていましたが、同時に自分の時代に生きる人々にも感動と驚きと喜びを与えました。

まとめ

彼は今でも私たちに多くのことを教えてくれます。

例えば、自分の興味や才能を伸ばすこと、自然や美を大切にすること、常に新しいことに挑戦することなどです。

私たちはレオナルド・ダヴィンチから学び、彼のように人気者になることができるでしょうか?私たちも頑張りましょうね。

タイトルとURLをコピーしました