この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

山芋の健康パワーと食べ方(レシピ)

Amazonで配送料金が無料!
Amazonの配送料が無料!

山芋の健康パワーと食べ方について、あなたはどれくらい知っていますか?

山芋は日本の伝統的な食材であり、多くの料理に使われていますが、その栄養価や効能はとても驚くべきものです。

今回は、山芋の健康パワーを紹介し、おすすめの食べ方やレシピをご紹介します。

山芋の栄養素

山芋にはどんな栄養が含まれているのでしょうか?まず、山芋は低カロリーで高タンパク質な食材です。

100gあたりのカロリーは60kcal程度で、豆腐や卵と同じくらいのタンパク質が含まれています。

また、山芋にはビタミンB1やB2、C、Eなどのビタミンやカリウム、マグネシウム、鉄などのミネラルが豊富に含まれています。

これらの栄養素は、エネルギー代謝や免疫力の向上、血圧や血糖値の調整、貧血や疲労の予防などに役立ちます。

山芋に特有な成分

さらに、山芋には特有の成分としてムチンとディオスコレインがあります。

ムチンは粘り気のある物質で、胃や腸の粘膜を保護し、胃潰瘍や胃炎などの消化器系のトラブルを予防します。

また、ムチンはコレステロールや中性脂肪を排出する働きもあります。

ディオスコレインはアルカロイドの一種で、血管を拡張し血流を改善する効果があります。

これにより、動脈硬化や高血圧などの心臓病や脳卒中などのリスクを低減します。

山芋の食べ方

山芋はどんな食べ方がおすすめでしょうか?

山芋は生でも火を通しても美味しく食べられますが、栄養価を損なわないように注意しましょう。

生の山芋は皮をむいてすりおろし、醤油やポン酢などで味付けして食べると良いでしょう。

火を通す場合は、茹でるか蒸すかするとムチンが残りますが、焼くか揚げるとムチンが失われます。

また、山芋は水分が多いため、加熱すると縮んでしまいます。そのため、切るときは大きめに切りましょう。

山芋のレシピ

山芋は様々な料理に使えますが、ここでは簡単で美味しいレシピを2つご紹介します。

【1】一つ目は山芋と豚肉の炒め物です。山芋と豚肉を一口大に切り、塩こしょうで下味をつけます。

フライパンに油を熱し、豚肉を炒めます。豚肉に火が通ったら山芋を加えてさっと炒めます。

最後にお好みで醤油やみりんなどで味付けして完成です。

【2】二つ目は山芋とツナのサラダです。山芋を皮をむいてすりおろし、水気を切ります。

ボウルにツナ缶の油ごと入れ、マヨネーズや塩こしょうで味付けします。

山芋を加えてよく混ぜます。お好みでレタスやトマトなどの野菜を添えて完成です。

いかがでしたか?山芋は健康パワーが満点の食材です。ぜひ、日常の食卓に取り入れてみてくださいね。

それでは、またお会いしましょう!

タイトルとURLをコピーしました