この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

人は真空の中で生きていけるか?

Amazonで配送料金が無料!
Amazonの配送料が無料!

人は真空の中で生きていけるか?

これは、私がよく考える質問です。なぜなら、私は宇宙が大好きだからです。宇宙に行って、星や惑星を見てみたいと思っています。

でも、宇宙は真空ですよね。空気がないし、温度も極端だし、放射線も危険だし。そんなところで、人間は生きていけるのでしょうか?

ほとんどの生物は生きていけない

答えは、残念ながら、ノーです。真空の中で生きていけるのは、ほとんどの生物にとって不可能です。

真空にさらされたら、人間はどうなるかというと、まず、肺が破裂します。空気が抜けると同時に、体内の水分も蒸発していきます。

血液や唾液や涙も沸騰して消えてしまいます。皮膚や筋肉も膨張して破れます。そして、意識を失って死に至ります。これは、数秒から数分の間に起こります。

星間物質

でも、安心してください。これは、完全な真空の場合の話です。

実際には、宇宙には少しだけ空気があります。地球の大気圏の外側にも、極めて希薄ながらガスが存在します。これを「星間物質」と呼びます。

星間物質の密度は、地球上の空気の約1000兆分の1です。つまり、1立方メートルあたり約1個の原子しかありません。

宇宙服の機能

そんな微量な空気でも、人間には助かります。なぜなら、真空にさらされた人間を救う方法があるからです。

それは、「宇宙服」です。宇宙服とは、真空に対応した特殊な服で、人間の体を保護します。宇宙服には、以下のような機能があります。

・圧力:宇宙服は内部に適度な圧力を保ちます。これにより、体液の沸騰や組織の膨張を防ぎます。

・酸素:宇宙服はバックパック型の装置から酸素を供給します。これにより、呼吸ができます。

・温度:宇宙服は内部に冷却液を循環させます。これにより、温度調節ができます。

・放射線:宇宙服は金属やプラスチックなどで作られています。これにより、放射線から身を守ります。

・通信:宇宙服はヘルメットにマイクとスピーカーを備えています。これにより、他の人と話すことができます。

このように、宇宙服を着れば、真空の中でも生きていけます。もちろん、限界はありますが。

例えば、バッテリーや酸素タンクが切れたらどうするかとか。また、長時間の滞在や活動には適しません。身体的にも精神的にもストレスがかかります。

宇宙船や宇宙ステーションは快適

ですから、私はやっぱり、宇宙に行くなら、宇宙船や宇宙ステーションに乗りたいです。

そこなら、快適に暮らせますし、窓から外を眺めることもできます。

真空の中で生きていけるかどうかは、あまり重要ではありません。大切なのは、宇宙の美しさや不思議さを感じることだと思います。

まとめ

というわけで、今日は真空の中で生きていけるかという話をしました。

皆さんは、宇宙に興味がありますか?もし行くとしたら、どんな方法がいいですか?

それでは、また次回!

タイトルとURLをコピーしました