この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

ハロウィンとは?起源や意味

Amazonで配送料金が無料!
Amazonの配送料が無料!

ハロウィンとは、毎年10月31日に行われるお祭りです。

この日は、仮装をしたり、お菓子をもらったり、パーティーを楽しんだりします。

でも、ハロウィンの起源や意味を知っていますか?

ハロウィンの起源

実は、ハロウィンは古代ケルト人の収穫祭に由来すると言われています。

ケルト人は、この日が一年で最も暗くて寒い日であり、死者の霊が現れる日だと信じていました。

そこで、彼らは火を焚いて悪霊を追い払ったり、仮面をつけて悪霊に紛れ込んだりしました。

後に、キリスト教が広まると、この日は聖人や殉教者を記念する「オールハロウズデイ」となりました。

その前夜は「オールハロウズイブ」と呼ばれ、やがて「ハロウィン」という言葉になりました。

アメリカでのハロウィン

ハロウィンがアメリカに伝わったのは、19世紀にアイルランドから移民した人々によってです。

彼らはジャック・オー・ランタンというかぼちゃのランプを作って飾りました。

これも、ケルト人の伝説に登場する悪い魂が持っていたとされるランプにちなんでいます。

アメリカでは、子どもたちが仮装をして近所を回り、「トリック・オア・トリート」と言ってお菓子をもらう習慣が生まれました。

これは、昔のケルト人が悪霊から身を守るために食べ物を供えたことに由来すると言われています。

ハロウィンは今では世界中で楽しまれていますが、その歴史や文化を知ると、もっと面白くなるかもしれませんね。

日本でのハロウィンはいつから?

日本ではハロウィンはどのように祝われているのでしょうか?

日本では、ハロウィンは比較的新しい文化です。

最初にハロウィンのイベントが開催されたのは、1997年にディズニーランドで行われた「ディズニー・ハロウィーン」だと言われています。

それ以来、ハロウィンは日本でも人気が高まり、様々な場所で仮装パレードやコスプレイベントが開催されるようになりました。

特に有名なのは、渋谷や六本木などの繁華街で行われる仮装集会です。

ここでは、さまざまなキャラクターや有名人に扮した人々が大勢集まり、街中を盛り上げます。

西欧と日本の違い

日本のハロウィンは、西洋のハロウィンとは少し違う特徴があります。

例えば、日本ではトリック・オア・トリートという習慣はあまりありません。

子供たちは仮装をして学校や幼稚園でお菓子をもらったり、家族や友達とパーティーをしたりしますが、近所の家を回ってお菓子をもらうことはほとんどしません。

また、日本ではカボチャやお化けなどの怖いものよりも、かわいいものや面白いものが好まれる傾向があります。

仮装も恐怖映画のキャラクターやゾンビなどよりも、アニメやゲームのキャラクターや芸能人などが多く見られます。

まとめ

日本のハロウィンは、西洋の伝統と日本独自の文化が混ざり合った独特の祭りです。

日本人はハロウィンを楽しみながら、仮装やパーティーを通して自己表現やコミュニケーションを楽しんでいます。

ハロウィンは日本でもますます盛り上がっていくと思います。

タイトルとURLをコピーしました