この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

深海の生き物たち

Amazonで配送料金が無料!
Amazonの配送料が無料!

こんにちは、皆さん!今日は、私たちがあまり知らない世界についてお話ししたいと思います。

それは、深海です。

深海と聞いて、どんなイメージが浮かびますか?

暗くて寒くて怖いところ?不思議な生き物がたくさんいるところ?

宝物や秘密が隠されているところ?それも全部正解ですが、

深海にはもっと驚くべきことがあります。

今回は、深海の不思議な事実をいくつか紹介します。笑って楽しんでくださいね!

深海の95%は未探査

深海は地球の表面積の約70%を占めていますが、そのうち95%は未探査です。

つまり、私たちは深海のことをほとんど知らないのです。

でも、それは逆に言えば、まだ発見されていない新種の生き物や秘密がたくさんあるということです。

深海はまだまだ冒険の場所なのです!

毒を出す魚

深海には驚くべき生き物がたくさんいます。

例えば、ハダカデバネズミという魚は、自分の体から毒を出して敵を撃退します。

でも、その毒は自分にも効いてしまうので、ハダカデバネズミは自分の体に穴を開けて毒を排出します。

穴が開いたままになると感染症にかかる可能性があるので、ハダカデバネズミは自分の体を舐めて傷を治します。

でも、その舐める動作がかわいそうに見えるので、ハダカデバネズミは「哀れな魚」とも呼ばれます。

哀れな魚だけど、すごい魚ですね!

光を出す生き物

深海には光が届かないので、暗闇で生きる生き物たちは自分で光を発する能力を持っています。

これを発光と言いますが、発光する理由はさまざまです。

例えば、アンコウは自分の頭にある発光器官で小さな光を出して、それに釣られた魚を食べます。

また、イカやエビは敵から逃げるときに発光液を出して目くらましします。

さらに、一部の魚は発光するパートナーを見つけて交尾します。深海では光が命なのです!

高い水圧に耐える体を持つ

深海では水圧が非常に高くなります。

水深1000メートルでは水圧は100気圧になりますが、水深10000メートルでは1000気圧にもなります。

これは車10台分の重さが一つの爪楊枝にかかるようなものです。

そんな水圧に耐えるために、深海の生き物たちは体内の空気や水分を減らしたり、体を柔らかくしたりしています。

例えば、ダイオウイカは体内に骨や殻がなくてふわふわしていますし、クラゲやウミウシはほとんど水分でできています。

深海の生き物たちは水圧に負けない強さを持っています!

まとめ

以上、深海の不思議な事実をいくつか紹介しましたが、いかがでしたか?

深海は恐ろしいところだけではなくて、面白いところでもありますね。

もっと深海のことを知りたい方は、ぜひネットで調べてみてください。

深海の世界にはまだまだ驚きが待っていますよ!

タイトルとURLをコピーしました