この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

アトランティスの謎:新説のビックリ編?

Amazonで配送料金が無料!
Amazonの配送料が無料!

こんにちは、皆さん!今日は、私が大好きなトピックについてお話ししたいと思います。それは、アトランティスの謎です。

アトランティスとは、古代に存在したとされる伝説の島国のことですが、その正体や位置、滅亡の原因などは未だに謎に包まれています。

私は、この謎を解くために、様々な説や証拠を調べてきましたが、今日はその中でも私が最も面白いと思うものを紹介したいと思います。

哲学者プラトンが最初に記述

まず、アトランティスは実在したのでしょうか?これには賛否両論ありますが、私は実在したと信じています。

なぜなら、アトランティスの最初の記述は、古代ギリシャの哲学者プラトンによるものであり、彼は歴史的な事実を書いたと主張しているからです。

プラトンは、アトランティスは紀元前9600年頃に存在し、大西洋の真ん中にあったと書いています。また、アトランティスは高度な文明を持ち、周辺の国々と戦争をしていたとも書いています。

しかし、アトランティスは突然の大地震と津波によって海に沈んでしまったというのです。

アトランティスは日本だったという説

では、アトランティスはどこにあったのでしょうか?これにも様々な説がありますが、私が最も面白いと思うのは、アトランティスは日本だったという説です。

この説は、日本人の作家である松本清張が提唱したものであり、彼は次のような根拠を挙げています。

・アトランティスは大西洋の真ん中ではなく、太平洋の真ん中にあった。プラトンが書いた「大西洋」という言葉は、「大きな海」という意味であり、太平洋も含まれる。

・アトランティスは円形の島であり、中央に山があり、周囲に水路や運河があった。これは日本列島の形や地形と一致する。

・アトランティスは高度な文明を持ち、金や象牙などの貴重な資源を産出していた。これも日本の古代文明や神話と符合する。

・アトランティスは周辺の国々と戦争をしていた。これも日本が古代から中国や朝鮮半島と争ってきた歴史と一致する。

・アトランティスは突然の大地震と津波によって海に沈んだ。これも日本が地震や津波によって何度も被災してきた事実と合致する。

日本ではないという説

以上のように、アトランティスは日本だったという説は非常に興味深いものですが、もちろん反論もあります。例えば、

・プラトンが書いたアトランティスの位置や規模は日本と一致しない。プラトンはアトランティスが大陸よりも大きな島であり、地中海の入り口を塞いでいたと書いている。

・アトランティスの文明は日本の文明と異なる。プラトンはアトランティスの文明がギリシャの文明に似ており、神々や英雄に関する伝説があったと書いている。

・アトランティスの滅亡は日本の滅亡と異なる。プラトンはアトランティスが一日のうちに海に沈んだと書いているが、日本は今も存在している。

まとめ

以上のように、アトランティスは日本だったという説は確証がなく、疑問点も多いです。

しかし、私はこの説が面白いと思うのは、アトランティスと日本という二つの異なる文化や歴史を結びつけることで、新しい視点や発見が生まれる可能性があるからだと思います。

アトランティスの謎はまだまだ解かれていないので、これからも様々な説や証拠が出てくることを期待しています。

それでは、今日はこの辺で失礼します。ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました